住宅の入口より窓や勝手口の防犯性を高める

木造の一戸建て住宅を作るなら、防犯性は考えておく必要があります。マンションとは大きく異なるのです。
マンションのような集合住宅なら、大抵は最初から防犯カメラが設置されています。設置台数も多いので、そこまで防犯性にこだわらなくても問題無い事も多いです。しかし一戸建ての場合は、そもそも防犯カメラ自体がありませんし、自分でセキュリティを考えておく必要があります。
それで家作りをする際に、多くの方々は正面入口の防犯性は充実させているのです。玄関から、誰か悪意のある人物が入ってくる可能性はあるでしょう。
ですが入口よりも、むしろ勝手口や窓の方が大切です。そもそも悪意のある人物は、正面から入ってきません。むしろ窓などの裏口から入ってくる事が多いのです。ですから窓の防犯性が良くないと、誰かが入ってきてしまう可能性があります。
注文住宅を作っていきますと、つい窓や勝手口は見落としがちです。防犯性に関わりますし、見落とさないよう注意が必要です。