なぜ住宅の土台は栗が一番良いか

注文住宅を作るなら、もちろん土台も構築する必要があります。土台は住宅を支えていますから、とても大切な箇所なのは間違いありません。
それで木造の一戸建てには、木材に関する様々な選択肢があるのです。土台に対して、どの木材の使用すれば良いか迷ってしまう事もあるでしょう。
結論を申し上げると、土台は栗という木材がおすすめです。栗という材料は、虫の強さに特徴があるからです。
住宅には、たまにシロアリが発生してしまう事もあります。それで建物の土台が弱くなってしまう事もあるのです。ですから土台には、虫に強い材料を採用しておく必要があります。数ある木材の中でも、栗は防虫性が優れているのです。
また栗という材料は、耐久性にも特徴があります。住宅の土台は、大きな負荷がかかる事は間違いありません。住宅全体を支えているパーツですから、どうしても耐久力が求められるのです。その点、栗は耐久力も優れています。
以上の点を考慮すれば、やはり注文住宅の土台は栗がおすすめです。